失敗しない!?
目の下のたるみに悩む女性の強い味方!

医師の実績や経験値によって、仕上がりの差は出てしまうもの

たるみは人によって状態が異なり最適な施術も変わります。また、目の周りは傷が小さくても目立つ繊細な場所です。失敗のリスクを避けるためにも、医師やクリニック選びは慎重に行ないましょう。

目の下のたるみ治療に強い
名医がいるクリニックPICKUP5

目の下のたるみをキレイに解消!名医がいるクリニックを厳選セレクト

切らずに目の下のたるみを解消してくれると評判の名医クリニックを徹底調査しました。目の下のたるみ・クマは多くの女性が抱える悩みの1つ。加齢が原因でたるみができる人もいれば、20・30代からできる人もいます。見た目の印象を大きく左右する目の下のたるみ、一刻も早く、何とかしたいですよね。クリニックを選ぶポイントはいくつかありますが、当サイトでは以下の3点に注目。その結果から5つのクリニックを紹介します。

仕上がり

その施術を受ける事で、
どのような効果が得られるのか

持続性

一度の施術でどれくらいの期間、
その効果を保つ事ができるのか

安全性

施術に潜むリスクや満足できる効果が
得られなかった場合の保証など

また、目の下のたるみの名医が開発に携わった化粧品も紹介しています。どれも、こだわり成分が最適なバランスで配合されたものばかり。「手術を受けるのはちょっと…」という方は、まずドクターズコスメを使ったセルフケアから始めてみてくださいね。

PICKUP1

SOグレイスクリニック

名医はこの人

近藤惣一郎医師

引用元:SOグレイスクリニック公式サイト http://so-graceclinic.com/doctor/

近藤惣一郎医師

京都大学医学部卒業後、脳神経外科医として活躍。通常、美容外科では使わない顕微鏡を使った繊細で正確な施術が得意。年間1,500件以上の目の下のたるみ・クマの治療を行なっているスペシャリスト。

目の下のたるみを解消する、注目の施術はこれ!

『TCB-R/TCB-Fコンプリート法』

顕微鏡を使って、下まぶたの裏側から微量の脂肪を採取し、3週間後にラディエッセ(またはコンデンス脂肪幹細胞)を注入するオリジナル治療法。

仕上がり

傷跡なく、自然な仕上がり

たるみ+目の下のへこみラインがある方向きなので、たるみ・シワ・へこみを総合的に解消。傷跡もなく、キレイで自然な仕上がり。

持続性

一回で半永久的に持続

一度の施術で効果が実感でき、半永久的に持続するので、ほとんどの人が追加施術を受けていない。

安全性

世界的評価の成分を使用

ラディエッセは約10ヶ国の承認を得ている安全性の高い成分。脂肪除去量が足りなかった場合は、無料で追加除去が受けられる。

名医監修目の下のたるみに効く化粧品

「リフトコレクションセラム」

「アルジルリン」「シンエイク」配合で目元を改善

リフトコレクションセラム

引用元:DR.COSMEドクターコスメ So.Grace Cosme http://sograce-sh.sv1.allin1.jp/

もともと、目元の施術を受けた患者さんのアフターケア用に開発されたもの。目の下のたるみ、クマなどに悩む人たちの間で絶大な支持を受けている。"塗るボトックス"と呼ばれるアルジルリン、シンエイクのW配合に加え、ヒアルロン酸の1.3倍の保湿力をもつプロテオグリカン、皮膚を作るうえで欠かせないコラーゲンをバランスよく配合。早い人で2週間、ほとんどの方が30日前後で効果を感じる、確かな1本。

リフトコレクションセラム

引用元:DR.COSMEドクターコスメ So.Grace Cosme http://sograce-sh.sv1.allin1.jp/

PICKUP2

銀座CUVOクリニック

名医はこの人

久保隆之医師

引用元:銀座CUVOクリニック公式サイト http://www.cuvo.jp/inform/profile/

久保隆之医師

国立旭川医科大学医学部卒業後、アメリカへ留学。帰国後、十仁病院で経験を積み、2005年開業。これまでに行なった、目の下のたるみ・クマの症例は6,500件以上。

目の下のたるみを解消する、注目の施術はこれ!

『経結膜的脱脂法』

まぶたの裏側から高周波レーザーを照射して、余分な脂肪を除去するオリジナル・アイデザイン技術。

仕上がり

たるみの大きな皮膚にも対応

皮膚弾力が減少した年配の方のたるみにも対応。自然になじむまで1ヶ月前後かかる。

持続性

リフトアップと合わせるので効果は永続的

目の下のたるみを改善するとともに、下眼瞼皮膚をリフトアップさせるので、 効果は永続的。

安全性

ダウンタイムはあるが後遺症などの心配はなし

施術後2~7日ほど腫れたり、2週間程度、内出血をするケースがあるが、傷跡や後遺症が起きる可能性は皆無。

名医監修目の下のたるみに効く化粧品

銀座CUVOクリニックでは、ドクターズコスメの開発は行なっていません。

PICKUP3

セオリークリニック

名医はこの人

筒井裕介医師

引用元:セオリークリニック公式サイト http://www.theory-clinic.com/doctor.html

筒井裕介医師

順天堂大学医学部卒業後、オザキクリニックに勤務。2009年、セオリークリニック開院。年間1,000件の目の下のたるみ・クマ治療を行なう。

目の下のたるみを解消する、注目の施術はこれ!

『脱脂術+リポトランスファー』

脱脂術で除去した脂肪を生着しやすく処理した後、頬から特殊なカニューレで目の下に注入する治療法。

仕上がり

自然で美しい仕上がり

凸凹のない美しい仕上がりになるが、膨らんでいた部分が平になる事でシワが目立つ傾向がある。

持続性

平均10年程度は効果が持続

個人差があるが、平均10年程度、効果が続く。

安全性

後遺症などの心配はなし

後遺症や失敗例は1件もない。脂肪の定着が少なく、追加注入が必要な場合は、割引料金で受ける事ができる。

名医監修目の下のたるみに効く化粧品

セオリークリニックでは、ドクターズコスメの開発は行なっていません。

PICKUP4

東京ミッドタウン皮膚科形成科ノアージュ

名医はこの人

今泉明子医師

引用元:東京ミッドタウン皮膚科形成科ノアージュ公式サイト https://www.noage-amc.com/menu/medical/bridalplan.html

今泉明子医師

聖マリアンナ医科大学大学院卒業。アメリカ留学中に最先端の美容医療を学び、化粧品の開発などに携わる。2007年、東京ミッドタウン皮膚科形成外科Noage院長に就任。

目の下のたるみを解消する、注目の施術はこれ!

『ダーマスプリングリフトアイ』

目元に引き上げ効果の高い、バネ状の溶ける糸を入れる治療法。

仕上がり

ハリのある仕上がりに

目の下が膨らんでいる人には引き締め効果が、くぼんでいる人にはふっくらさせる効果がある。糸の刺激により、コラーゲンが生成されるのでハリのある肌に。

持続性

平均2年程度は効果が持続

個人差があるが、平均2年程度、効果が続く

安全性

皮下出血ほぼなし

先端が丸くなっている鈍針を使うので皮下出血しにくい。アフターフォローは無料で受けられる。

名医監修目の下のたるみに効く化粧品

「リペアアイクリーム」
リペアアイクリーム

引用元:MUNOAGE(ミューノアージュ)https://www.munoage.com/eyescream/

7種のペプチド(整肌成分)をはじめ、表情筋を緩和するアルジルリン、目元のたるみ・クマ・むくみを改善するアイセリルを贅沢に配合。無香料、無着色、パラベン・鉱物油・アルコール無添加、石油系界面活性剤不使用なので、アトピーや敏感肌の方も安心して使用できる。

リペアアイクリーム

引用元:MUNOAGE(ミューノアージュ)https://www.munoage.com/eyescream/

PICKUP5

オザキクリニック

名医はこの人

小﨑有恒医師

引用元:オザキクリニック公式サイト https://www.ozaki-clinic.com/doctor/ozaki.html

小﨑有恒医師

帝京大学医学部卒業。1998年、小﨑クリニック開院。「切らない美容医療」の先駆け。

目の下のたるみを解消する、注目の施術はこれ!

『トリプルアイリフト』

目の下の脱脂+ヒアルロン酸注射+サーマクールを組み合わせた、2日間に分けて行なうオリジナル複合治療。

仕上がり

くぼみ・たるみを同時に解決

目の下の膨らみ・くぼみ・たるみを同時に解決。目の下から頬、フェイスラインにハリが出るので、若返った印象になる。

持続性

定期的な治療が必要

半年~1年でヒアルロン酸が体内に吸収されていくため、長期的効果を得るには、定期的な治療が必要。

安全性

ダウンタイムが長い

他の施術と比べてダウンタイムが長い。また、1週間程度の腫れ、内出血が2週間前後残る可能性がある。

名医監修目の下のたるみに効く化粧品

「リュクスブルーム」
リュクスブルーム

引用元:ドクターライン公式オンラインショップ http://www.dr-line.com/shop/g/gAD1501/

国産馬由来のプラセンタ、肌にハリ・弾力を与えるカルノシン、ビタミンEの100倍以上のパワーがあると言われるアスタキサンチン、EGFをはじめとする4種類の成長因子(サイトカイン)など、こだわりの成分を配合。リピート率87%を誇る、アンチエイジングのアイクリーム。

リュクスブルーム

引用元:ドクターライン公式オンラインショップ http://www.dr-line.com/shop/g/gAD1501

目の下のたるみ治療に強い
名医がいるクリニック

たくさんの美容外科クリニックがありますが、得意とする分野は微妙に異なります。ここでは、目の下のたるみ治療を得意とする医師が在院するクリニックをまとめてみました。得意分野とするだけに、期待も安心感もぴか一です。

目の下のたるみの
手術の種類事例集

「目のたるみを改善する美容整形の種類」

目のたるみを改善する美容整形の種類

目の下のたるみ手術には、さまざまな方法があります。状態や要望に合わせて、適切な方法を選択。きれいな目元にも整えていきます。聞いた事がある施術から、あまり知られていない施術まで…下記にまとめてみました。

目のたるみを改善する美容整形の種類

切らない施術

目の下のたるみ手術の体験談

【悲報】目の下のたるみに失敗した人のリアル体験談

【悲報】目の下のたるみに失敗した人のリアル体験談

美容整形クリニックと言っても、その技術レベルはさまざま。経験や実績が少ない医師に任せてしまったり、患者さんの話をきちんと聞かないようなところでは、思うような結果を得るのは難しいのです。

【朗報】受けてよかった手術成功体験レポート

【朗報】受けてよかった手術成功体験レポート

目の下のたるみ施術には、多少のリスクが伴います。それをいかに軽減させ成功させるかは、医師やクリニックの経験・実績にかかっているといえます。また、成功しているところというのは、きちんと患者さんの話に耳を傾けてくれています。

名医監修たるみに効く成分の化粧品・美容液

「名医が考えるホームケア化粧品とは?」

目の下のたるみはクリニックでの施術でも改善する事はできますが、日々のホームケアで改善・予防していくのも大事。名医による化粧品開発も行なわれているほどなのです。

たるみクマのタイプ

女性の目

皮膚のたるみの原因は様々ですから、骨格や皮膚の状態、たるみの程度などに合わせて、施術方法を変えることになります。半永久的にたるみを解消するための方法としては脱脂術が定番ですが、場合によってはメスを使って余分な皮膚を除去する方法も使われます。軽いたるみなら、ヒアルロン酸やレーザーが使われることもあります。

ふくらみタイプ

目の下にぷっくりとした膨らみができてしまうタイプのたるみ。

ふくらみタイプのたるみは、目の周りの筋肉が衰えることによって眼球が下がり、目の下の脂肪が押し出される状態になっているのが原因で発生するたるみです。

涙袋よりももっと下の位置に発生するため、涙袋のように目元を優しく見せたり目を大きく見せる効果はありません。影グマの原因ともなり、ふくらみタイプのたるみができると一気に老け込んだ印象になってしまいます。

ふくらみタイプにオススメの施術

ふくらみタイプには、「目の周りの筋肉の衰えを解消する」「目の下の脂肪を減らす」という効果を持つ施術法が効果的です。

具体的には、下まぶたを切開してたるみの原因を取り除く「下眼瞼切開法」、たるみやクマを引き起こす目の下の脂肪を取り出す「下眼瞼脱脂」がおすすめ。

くぼみタイプ

目の下にへこみができてしまうタイプのたるみ。

くぼみタイプのたるみは、眼球を守るクッションの役割をしている脂肪が減少することで、目の周りにハリがなくなってしまっている状態です。

加齢に伴って目の周りの筋肉が減少したり、肌が衰えたりしていくとくぼみタイプのたるみはますます症状が悪化します。クマの印象を強める原因にもなりますので、注意が必要です。

くぼみタイプにオススメの施術

くぼみタイプには、目の下にボリュームを出す効果がある注入法の施術がおすすめです。

注入法にはもっともポピュラーな「ヒアルロン酸注入」のほか、自身の腹部や太ももから取った脂肪を注入する「脂肪注入法」や、自身の血液を利用して細胞の成長因子を作る「PRP皮膚再生療法」などがあります。

混合タイプ

ふくらみタイプ・くぼみタイプ両方の症状が混合しているタイプのたるみ。

ふくらみタイプの原因である筋肉の衰えやくぼみタイプの原因である脂肪の減少以外にも、肌の乾燥や色素沈着などさまざまな要因が重なってしまっているケースです。

さまざまな症状と原因が入り乱れているために、お化粧で隠すのもセルフケアで改善するのもかなり難しいタイプのたるみです。

混合タイプにオススメの施術

混合タイプはふくらみタイプやくぼみタイプとは異なり、その人が抱えている複数の要因に対して、ひとつひとつアプローチしていく必要があります。

そのため、ふくらみもくぼみも改善する「脱脂+注入法」や、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す「レーザー治療」が効果的です。

たるみクマのタイプ別疑問

たるみ具合によって施術は変わる?

皮膚のたるみの原因は様々ですから、骨格や皮膚の状態、たるみの程度などに合わせて施術方法を変えることになります。

各たるみタイプの部分で紹介した施術法がおすすめではありますが、場合によってはふくらみタイプにも注入法が用いられたり、くぼみタイプでもメスを使って余分な皮膚を除去する方法も使われます。また、混合タイプ以外でも、たるみの症状が軽い場合にはレーザー治療のみで症状が改善する場合もあります。

>>たるみ具合によって施術は変わる?

たるみ治療の費用相場はどのくらい?

たるみ治療は手術内容によって費用が大きく異なります。

ふくらみタイプに効果的な下眼瞼切開法でも、大きく分けて「ハムラ法」「筋皮弁法」「皮弁法」の三種類があり、施術法によって20〜60万円と幅があります。くぼみタイプに有効な注入法は10万〜30万円程度と下眼瞼切開法に比べ安価ではありますが、複数の施術法を行う必要がある混合タイプの場合には費用が高くなることも。

レーザーやヒアルロン酸注入といった手軽な施術法では10万円程度で施術が可能ですので、自分の症状や予算に合わせて専門医に相談することをおすすめします。

>>たるみ治療の費用相場はどのくらい?

保険は効く?

たるみ治療に用いる施術法は、その目的が健康増進や病気の治療ではなく、見た目を美しくするというものです。そのため、基本的には健康保険適用外となります。

しかし、眼瞼下垂に対する治療など保険適用となる手術もありますので、状態や体質によっては保険が適用できる場合もあります。保険適用の可否は、クリニックに確認するようにしてくださいね。

>>保険は効く?

麻酔はどこにするの?痛みは?

目元のたるみ治療は部分的な施術となりますので、ほとんどの場合が局所麻酔となっています。

局所麻酔の種類はクリニックによって異なりますが、点眼麻酔を使ってから麻酔注射したり、クリームタイプの麻酔をしたりすることが多いです。痛みの少ないレーザー治療では麻酔を使用しないこともあります。

当然、メスを使用しないレーザー治療や注入法よりも、メスを使う下眼瞼切開法のほうが痛みが強くなります。ただ、痛みが不安な場合には麻酔の種類を変えるなど痛みを緩和するためのさまざまな工夫がされていますので、不安に感じる場合には事前のカウンセリングで医師に相談をしておきましょう。

>>麻酔はどこにするの?痛みは?

治療後のダウンタイムは?

ダウンタイムの期間も治療法によって大きく変わってきます。

ふくらみタイプの治療ではメスを使うことが多いため、ダウンタイムは2ヶ月前後と考えておきましょう。メスを使わない治療法が主流のくぼみタイプは、1~2週間程度。症状が軽い場合に有効なレーザー治療は、ダウンタイムがほとんどないことが特徴です。

>>治療後のダウンタイムは?

施術の効果はどのくらい持続する?

施術の効果には個人差があるものですが、一般的に、注入法やレーザー治療は継続的な施術が必要であると言われています。注入法の場合は体内に吸収されたら元に戻ってしまいます。レーザー治療はそもそもが一度で効果を得るものではなく、複数回の施術によって徐々に肌質を変化させていく治療法。一度で大きな効果を得たいという方には適さないと言えます。

下眼瞼切開法や下眼瞼脱脂は10~15年程度。ただし、個人差のあるものですので、あくまで目安程度です。

>>施術の効果はどのくらい持続する?

男性でも治療できる?

最近では男性の美容整形は増加傾向にあり、各クリニックでは、男性でも美容整形クリニックに足を運びやすい雰囲気づくりがなされています。ほかの患者と顔を合わせないようにする、男性向けの施術法を多く取り揃えるなど、その工夫はさまざま。

なかには、メンズ専門の美容整形クリニックもあるため、気恥ずかしさから美容整形クリニックに行く勇気がない方でも安心して足を運ぶことができるはずですよ。

>>男性でも治療できる?

治療の傷などは目立つ?

皮膚を切除する必要がある下眼瞼切開法は、ダウンタイムが経過するまで治療の傷が目立ちやすいものです。注入法や下眼瞼脱脂は施術後も傷口が目立ちづらいですが、人によっては内出血や腫れといった症状がでることも。

施術法だけでなく体質によっても傷の目立ち方は変わってきますので、どんな治療法でもある程度の期間は傷ができるかもしれないということを頭に入れておきましょう。

ただし、傷跡が残らないか不安に感じている人のために、「傷が残りづらい」「ダウンタイムの期間が短い」などの特徴を持つ治療法を用意しているクリニックもありますので、気になる方はそういった施術法を行なっているクリニックを探してみましょう!

>>治療の傷などは目立つ?

目の下のたるみの原因

女性の目

目の下のたるみミッドチークラインは20代でも出てくることもありますが、年齢を重ねていくうちにどんどん目立ってくるものです。ミッドチークラインができる原因には大きく分けて3つあります。

1つ目は加齢による肌の弾力の衰えです。美肌に必要なヒアルロン酸やコラーゲンは加齢により減少し、それにより肌の水分量低下が低下します。またホルモン分泌の減少や紫外線なども加わり、肌の弾力が低下してしまうのです。

2つ目が肌を支える筋力の衰えになります。瞼を動かすには眼輪筋という筋肉がありますが、これが衰えて瞼にある脂肪を支えられなくなるのが原因です。

最後の3つ目が目元の脂肪が増えることです。

目元にある眼窩脂肪が加齢などとともに溜まってしまうとともに皮膚も緩んでしまい目立ちやすいミッドチークラインができてしまいます。目の下のたるみをケアするには、マッサージをしたりエクササイズなどが有効です。また眼精疲労を溜めすぎないことも大切なケア方法になります。

>>目の下のたるみの原因

加齢による肌の老化が原因になる

目の下のたるみは肌の老化が大きな原因の一つになっています。本来、ハリのある肌は、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの物質が含まれており肌に水分を蓄える役割を担っています。ですが、加齢とともにヒアルロン酸やコラーゲンは減少してしまいます。

その結果、肌の水分量が少なくなるとともに弾力も低下して、徐々にたるんできてしまうのです。さらにヒアルロン酸やコラーゲンは加齢だけでなく、ホルモンの影響や紫外線や乾燥などの外部からの刺激によっても減少してきます。

長年、紫外線を浴びたり乾燥する環境にいたり、するとそれも肌の水分量を減少させたるみに繋がります。また筋肉も加齢によって衰えてきますが、顔にある表情筋も同じように衰えてしまいます。

筋肉が衰えてしまうと、皮膚や皮下脂肪の重さを支えきれなくなってしまい、それが目の下のたるみを悪化させるのです。加齢は避けることはできませんが、外部からの刺激を極力防いだり、表情筋をしっかり鍛える、使うことでたるみを少しでも食い止めることができるでしょう。

>>加齢による肌の老化が原因になる

眼輪筋(がんりんきん)の筋力低下

目の下のたるみは眼輪筋の筋力低下も原因の一つになっています。目のまわりには、まぶたを開いたり閉じたりする役割を担う眼輪筋があります。身体の筋肉もそうですが、加齢によって徐々に筋力が低下していきますが、眼輪筋も同様に衰えてしまいます。

その結果、上下のまぶたがたるんでしまい、目の下のくまやたるみに繋がってしまいます。ただ、眼輪筋が衰えてきているかどうかはなかなか分かりにくいものです。それを見極める方法があります。目をパッチリ開けてみようとしてみてください。

その時、おでこに横ジワができる場合には、眼輪筋ではなくおでこの筋肉を使っている証拠です。すでに眼輪筋が弱くなっているということになります。眼輪筋は鍛えることで筋力を取り戻すことも可能です。

身体の筋肉と違って、眼輪筋トレーニングはいつでもどこでもできます。毎日繰り返しておこなうことで眼輪筋の筋力アップが可能になり、それが目の下のたるみ予防につながることでしょう。

>>眼輪筋(がんりんきん)の筋力低下

眼窩脂肪(がんかしぼう)が溜まるタイプ

眼窩脂肪とは眼球を保護するためにクッションの役割を担う脂肪のことを指します。涙袋とも呼ばれる部位で、それがチャームポイントになっていた女性もいるのではないでしょうか。

眼窩脂肪の大きさは個人差があり、元々ぷっくりしている人もいれば、あまり目立たない人もいます。遺伝的要素も大きいのですが、加齢により肌のコラーゲンやエラスチンの量が減少していくと皮膚が緩み、眼窩脂肪も溜まりやすくなってしまいます。眼窩脂肪が溜まると、それが目の下のたるみに繋がり、クマも目立つようになります。

脂肪とはいっても、眼窩脂肪は身体の脂肪のように減らすことは容易ではありません。顔の脂肪も落ちて小顔になって眼窩脂肪はぷっくりしたままということも十分に考えられます。

眼窩脂肪の量は変えられませんが、目の下の皮膚にハリをもたせることで眼窩脂肪を目立たなくさせることは可能です。そのためには、毎日の美肌ケアが欠かせません。また手術により脂肪を除去する方法もあります。

>>眼窩脂肪(がんかしぼう)が溜まるタイプ

影くま・黒くまによるたるみって?

年齢を重ねるにつれて、目の下の「影くま・黒くま」が目立ってきた、と感じる女性も多いのではないでしょうか。目の下の皮膚は0.5~0.6mmと非常に薄く(他の部位は0.5~3.5mmくらい)、さらにこの薄い皮膚は1日に1万回以上といわれるまばたきを支えています。そのため目元にはシワができやすくなります。この小じわが影のようになったものが「影くま・黒くま」です。

影くま・黒くまが目立ってきたと感じる場合、それは加齢によってコラーゲン量が減少してきているサインでもあります。放置しているとさらに目の下のたるみやクマが酷くなっていく可能性もあります。そのため、しっかりと美肌ケアをしていかないといけないでしょう。

ただ影くま・黒くまはたるみやシワが原因ではなく、血行不良によっても引き起こされる場合があります。それによって対処法が変わってきます。そのため、まずは自分の影くま・黒くまが加齢によるものなのか、血行不良によるものなのかを判別する必要もあるでしょう。

>>影くま・黒くまによるたるみって?

目の下にできるくまとたるみの関係

目の下にくまがあると、「疲れているのでは?」「寝不足では?」などと心配されることもあるでしょう。その一方で、年齢を重ねると特に疲れていなくても日常的にくまが現れている人もいます。

くまといっても、実は「青くま」「茶くま」「黒くま(影くま)」の3つの種類に分類され、それによって原因も対策も違ってきます。その名の通り、青くまは青っぽく、茶くまは茶色っぽく、黒くまは黒っぽく影のように見えるのが特徴です。

青くまは血行不良によるもので、主に睡眠不足や疲れ、ホルモンバランスの乱れなどが原因で引き起こされます。茶くまは色素沈着や遅発性両側性太田母斑様色素班というあざが原因です。そして黒くま(影くま)は加齢による皮膚のたるみや筋肉の衰えにより影ができるのが原因です。

くまができる原因が異なるので、対処法も違ってきます。ですので、まずはどのようなくまなのかを見極め、それに合わせた対処が必要になります。

>>目の下にできるくまとたるみの関係

他にもある意外なたるみの原因

目の下のたるみは加齢や外部からのダメージによるものが大きいのですが、それ以外にも目の下がたるんでしまう原因があります。その1つが化粧品によるたるみです。化粧品はむしろ目の下のたるみを解消するなど美肌のために使用するものですが、配合されている成分によっては逆に目の下のたるみを引き起こしてしまうものもあります。

イソパラフィンという油分を多く含む成分が含まれた化粧品です。イソパラフィンは分子量が小さく皮膚細胞に絡みやすい上に、油分の重さでたるみにつながることもあります。同じように油分の多い化粧品はその傾向にあります。

また、骨格の歪みによりたるみが引き起こされることもあります。ケースとして多いわけではありませんが、頬づえをついたり片方だけでものを食べたりすると、徐々に骨格が歪むことがあります。顔の骨が内側にずれることでたるみが引き起こされるのです。

たるみはさまざまな要因が重なって引き起こされるので、対策をするにもまずは何が原因でたるんでいるのかを見極める必要があります。

>>他にもある意外なたるみの原因

目の下のたるみが起こる原因とは?

目の下のクマやたるみは「ミッドチークの骨の高さ」と目の下にある「眼窩脂肪(がんかしぼう)の量」という2つの要素が原因です。

この2つでも特に「ミッドチークの骨の高さ」がクマやたるみが出来ること自体に大きな影響を与えており、眼窩脂肪(がんかしぼう)は量によりクマやたるみの見た目の現れ方に影響を与えています。以下にその2つの要因にを詳しく説明します。

原因1.ミッドチークの骨の高さ

ミッドチークの骨とはほほの内側の骨のことであり、その高さは人それぞれです。ミッドチークの高さによって目の下のたるみやクマの現れ方に違いが出てきます。

目の下のたるみの一番の要因もミッドチークの高さにあります。ミッドチークの高さが低い、もしくは平坦な場合、骨がほほの内側の肉を支えにくいため、加齢に伴って目のクマやたるみが現れやすいです。

特にミッドチークが平坦であったり凹んでいる場合、10代や20代でもクマやたるみが目立ってしまいます。

原因2.生まれつきの脂肪の量

目の下にある眼窩脂肪(がんかしぼう)も人により持っている量が異なります。この脂肪の量で目元に現れる症状が異なってきます。

ミッドチークが低く眼窩脂肪の量が多い場合、若くても目の下のたるみやふくらみが目立ちます。

一方ミッドチークが低く眼窩脂肪の量が少ない場合は、目元の凹みのラインやクマが目立って現れます。

目の下のたるみを解消するには、「くぼみを治す」ことが重要

目の下のたるみを根本的に解消する方法は、目の下のくぼみを治すことです。くぼみを治すことがたるみに対して最も適切な対策で、自然に若返ることが出来ます。

目の下のたるみが気になる方はたるんでいるふくらみが気になることが多いと思いますが、ふくらみを無くすという方法だけではクマやたるみの根本的な解決にはなりません。

それどころか、元々目の下のくぼみが目立つ骨格の方の場合は脂肪を取る治療を行うことにより目の下のふくらみはなくなったが凹みが目立つようになったり、目の下が窪んだように見えるという思わぬ落とし穴にハマる可能性があります。

このように脂肪を取るだけで目の下のクマやたるみは解決されません。眼窩脂肪(がんかしぼう)が過剰な方の場合のみ余分な脂肪を減らし補助する必要がありますが、ふくらみ以外に目の下に元々へこみのラインを持っている方が大半を占めています。

つまりクマやたるみを解消するためには目の下のへこみのラインを治すことが大切ですが、このへこみを治すことはとても難しく、ヒアルロン酸を注入したとしても解決にはなりません。

ヒアルロン酸注入はダウンタイムがなく手軽に出来るため勧めているクリニックが多いようですが、何億個という細胞からできた繊細な皮膚組織へ異物を注入することはリスクを持っています。

それではどのような治療が良いのかというと、「顔を土台から整えて脂肪を元の位置に戻す」のが一番よい方法です。これにより顔つきの印象が変わり、若いころの自分の顔を取り戻すことが出来ます。

このように顔の印象を一番に左右しているのは「ミッドチーク」です。そのため目の下の「くぼみを治す」ことが重要になってきます。