目の下のたるみ治療に強い名医がいるクリニックPICKUP5 » 目の下のたるみを解消する手術 » ハムラ法

ハムラ法

治療内容

目の下に膨らみを作っている原因・眼窩脂肪(がんかしぼう)を、くぼんでしまった別の場所に移植する施術。脱脂術と同じように、下まぶたの生え際部分をメスで切開しますので、その際に伸びきった皮膚を切除することも可能です。脱脂術では逆にへこんでしまって凸凹感が強調されてしまう場合もあるので、ハムラ法であればそうした心配はありません。

効果

眼窩脂肪をくぼんだ部分に移植できるので、気になる凸凹を一度にフラットにすることが可能。脂肪注入とは違うので、そのまま脂肪が吸収されることはなく、半永久的な効果が期待できます。

メリット

下まぶたの膨らんでいる部分とへこんでいる部分を一度に解消することができるので、まさに一石二鳥な施術。他の施術では得ることができません。また、脂肪注入のように脂肪が体内に吸収されることもないので、半永久的な効果が期待できます。もちろん、元は自分の脂肪ですから、アレルギーなどの拒絶反応もないのです。

デメリット、リスク

メスを使った下まぶたのまつ毛の生え際を切開するので、小さい傷跡を残してしまうことも。目の印象や形がガラリと変わってしまうこともあり、施術したことが周囲の人にバレるリスクも高いです。内緒でやりたい場合は、事前に医師に相談しておきましょう。
また、傷跡は目立たなくできても下まぶたがぽこっとへこんでしまったり、あっかんべーをしたような眼瞼外反のリスクもあり。できるだけ腕の良い、熟練の医師にお願いするのがデメリット回避に欠かせないポイントとなります。

ダウンタイム

ダウンタイムは1~2週間程度あり、その間は腫れがみられます。メスで切開するので、その抜糸が術後1週間程度でおこなわれることになります。その間は強い腫れが続きますが、次第に落ち着いていくので心配はありません。赤みが数か月ほど残る場合もありますが、それもやがて消えていきます。また、最初の1~3か月程度は手術跡が目立ちやすく、周囲の人にばれてしまう可能性も高くなっています。

費用の相場

クリニックによって異なりますが、相場としては30万~40万程度です。また、麻酔の種類でも料金が変わってきますので、カウンセリング時に確認しておくと安心です。

目の下のたるみ治療の名医がいるクリニックPIKCUP5はこちら