目の下のたるみ治療に強い名医がいるクリニックPICKUP5 » 目の下のたるみ治療でよくある質問・悩み » たるみ具合によって施術は変わるの?

たるみ具合によって施術は変わるの?

皮膚のたるみ方というのは、骨格や皮膚の状態によって異なってきます。ですから、このたるみを解消する際には骨格や皮膚の状態、そしてたるみの状態に応じて治療方法を選択していかなければいけません。半永久的にたるみを解消したいというのであれば脱脂術が定番ですし、まだそこまでひどいたるみになっているわけでないのであればプチ整形でも十分と、状態と希望によってさまざまな方法がとられるのです。

半永久的に持続させるなら、脱脂術?

半永久的にたるみを除去する定番方法と言えば、脱脂術です。脱脂術は目の下の脂肪(眼窩脂肪)を切除するもので、経結膜脱脂術と呼ばれる方法が一般的。下まぶたの裏側に小さく穴をあけ、眼窩脂肪を適量取り除きます。

この方法は多くの美容外科クリニックで採用されているもので、皮膚にメスを入れないので、整形に抵抗のある患者さんからも切らないたるみ整形として人気があります。ただ、デメリットもあり、脂肪を取り除いてしまうことで少しへこんでしまい、老け顔にみられてしまうリスクもあります。そのリスクを回避すために、脱脂をした後に脂肪注入をおこなってへこみをカバーするといった治療法がとられています。

ただ、症状によっては、下眼瞼切開や下まぶたたるみ取りなど、メスで余分な皮膚を除去してしまう方がきれいな目元が作れる場合もあります。下まぶたのまつ毛の生え際ギリギリのところをメスで切開し、眼窩脂肪を除去もしくはくぼんだ所に移動させます。余分な皮膚を切り取ることで、引き締まった目元が作り出せるのです。

軽い症状にはヒアルロン酸もしくはレーザー

まだそんなにたるみ具合もひどくない場合、もしくは本格的な施術ではなく軽いケアで済ませたい…なんて人には、プチ整形で形を整えるといった方法があります。

定番とも言えるのが、ヒアルロン酸注入。ヒアルロン酸には、肌の保湿効果を高めふっくらさせるといった効果があり、程度の浅いシワを取るのには最適です。たるみでデコボコ感が出てしまった目の下に注入することで、ハリのあるふっくら若々しい目元にします。

また、アンチエイジングとしても有効なボトックスも、たるみを改善させるのに最適。目の下の浅い部分に注入することで、皮膚を引き締めてたるみを解消します。

他にも、レーザーを利用したたるみ取りも増えています。レーザー光線を目の下に照射することで、肌を内側から引き締め、たるみはもちろんくすみも改善してくれるという優れもの。美白・美肌効果が同時に期待できるのです。

ただ、これらの方法は手軽にトライできるものばかりなのですが、持続性はあまりないので、定期的にケアしていかなければいけないといった面倒があります。

目の下のたるみを解消する手術・体験談をチェック