目の下のたるみ治療に強い名医がいるクリニックPICKUP5 » 【あなたはどのタイプ?】目の下のたるみの原因

【基礎知識】自分の目の下のたるみ原因はどれか

【あなたはどのタイプ?】目の下のたるみの原因

ここでは、目の下のたるみの原因について、考えてみます。

目の下にぷっくりとしたふくらみができて、さらにくっきりとしたシワをともなうたるみ。40〜50代からよく見られるようになる肌のトラブルのひとつですが、最近では20代〜30代からも目の下にたるみができるケースがあるようです。

特に、たるみが目立ちやすいのが、くっきりとした涙袋を持っている女性。涙袋は、若いうちには目が大きく見せる事ができますし、愛情深い、可愛らしいなど好ましく映る傾向にあります。涙袋メイクをしたり、時には涙袋形成の美容整形をするなど、目力重視の現代の美容業界ではブームを超えて定番にもなっている魅力のひとつです。

けれどもこの涙袋、たるみの一因にもなります。若い頃は魅力のひとつだった涙袋も、年齢を経るとともにしわができやすくなりたるみとなって老けた印象を与えてしまうのです。目の下のたるみは、老けた印象や疲れた印象があり、不幸そうなイメージを作ってしまいます。

ここでは、そんな目の下のたるみの原因について考えてみました。

加齢による肌の老化が目の下のたるみ原因になる

目の下のたるみは、加齢によってどんどん進行しやすくなります。その理由としては、お肌の弾力や表情筋が失われてしまうから。お肌の弾力や表情筋をキープするにはどうしたらいいのでしょうか?また、目の下のたるみは、普段の表情からも差がでているものなのです。

眼輪筋(がんりんきん)の筋力低下による目の下のたるみ

眼輪筋は、目のまわりを覆っているドーナツ状の筋肉の事であり、まぶたの開け閉めをやるのもこの部分になります。この筋肉が衰えてしまうと、瞼を支えきれずに中途半端な目の開き具合になる事も…。いつまでもぱっちりとした目をキープするには、この眼輪筋を衰えさせない事が大事なのです。

眼窩脂肪(がんかしぼう)が溜まる目の下のたるみタイプ

眼球を支えるクッション役である眼窩脂肪。これは、皮下脂肪とはちょっと異なる特殊な脂肪です。また、遺伝的要因などによっても左右されやすく、眼窩脂肪の溜まりぐあいには個人差があります。眼窩脂肪が多いタイプだったら…どうしたらいいでしょうか?

影くま、黒くまによる目の下のたるみって?

目の下にある見られるクマは、たるみやシワなどでできる場合と、血行不良が原因でみらる場合とに分ける事ができます。見分け方は、伸ばしてみればいいだけ。伸ばした時のクマの状態で、原因がわかります。

目の下にできるくまと目の下のたるみの関係

目の下にできるクマは、どれも同じように見えて全く種類が異なるもの。大きく「青くま」「茶くま」「黒くま(影くま)」の3つに分けられます。それぞれに原因が違いその対処法も異なりますので、どのクマになるのか適切に把握する事が大事です。クマの見分け方から対処までまとめてみました。

化粧品が目の下のたるみの原因に?!

目の周りにたるみを作る原因は、他にもいろいろとあります。身近なものが原因になっている事もあり、毎日こつこつ、たるみを作っている原因があるかもしれない…その場合は早めの改善が必要。たるみができてしまうと改善するのも一苦労です。