目の下のたるみ治療に強い名医がいるクリニックPICKUP5 » 目の下のたるみ治療に強い名医がいるクリニック » エースクリニック

エースクリニック

ここでは目の下のたるみに悩む女性のために、エースクリニックをご紹介します。

名医はこの人!竹内孝基先生

竹内孝基先生
引用元:エースクリニック公式サイト https://ace-clinic.com/clinic/

「いつまでも若く、美しくありたい」、女性のそんな願いに応えることをコンセプトとしているエースクリニックは、安全な環境づくりにこだわっていることが特徴のクリニックです。そのため、信頼のおける最先端の美容医療機器を揃えることに力を入れ、衛生管理やインフォームドコンセント、個人情報の保護までを徹底しています。

院長の竹内先生は大手美容形成外科の院長を勤めた経歴もあり、多くの症例を取り扱ってきた経歴を持っています。多くの患者の心と体に触れてきたからこそ、どんな人でも安全に安心できる施術を実現することができるのです。

エースクリニックの目の下のたるみを解消する施術とは?

エースクリニックで受けることができる、目の下のたるみを解消するための施術は以下の通りです。

経結膜ハムラ法

経結膜ハムラ法は、皮膚を切らずに結膜側(下まぶたの裏側)を切開して目の下の膨らんでいる部分の眼窩脂肪をへこんでいる部分に移動させて目の下のたるみを改善する施術です。

目の下のたるみ(目袋)の正体は眼窩脂肪という脂肪。その目袋の下には熊が生じますが、クマの部分はむしろくぼんでいることも。脂肪を切除しないため、下まぶたが落ちくぼむこともなく表面の皮膚を切開しないため傷もできないのが大きなメリットです。

費用 486,000円
内容 治療期間
約1週間
通院回数
5回程度(手術・テープ除去・2週間検診・1ヵ月検診・3ヵ月検診)
副作用・リスク
出血・血腫、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、しわが増えたと感じる、仕上がりの左右差、膨らみが残る、へこみができるなど

皮切経結膜ハムラ法

皮切経結膜ハムラ法はハムラ法の正しい術式であり、眼窩脂肪移動術に皮膚切除を加えた施術を指します。

目袋の下の部分に溝(瞼頬溝)がくぼむことでできるクマの治療に有効で、下まぶたの皮膚側を切開して眼輪筋の下側を剥離。眼窩脂肪を5~8mm下の骨膜に縫合固定して皮膚のダブつきができないように仕上げます。

費用 594,000円
内容 治療期間
約1ヶ月
通院回数
3回程度(手術・テープ除去・抜糸)
副作用・リスク
出血・血腫、感染・化膿など

下まぶたのたるみ取り(皮膚切除)

下まぶたのたるみ取り(皮膚切除)ではまつ毛のすぐ下の皮膚を切開して皮膚の余りを切除、目の下の皮膚のたるみを改善する施術です。

下まぶたのたるみの原因は、主に眼窩脂肪ではなく皮膚の余りとよれによるもの。皮膚がたるんでいると、風船がしぼんでいるのと同じで肌の色みが濃く見えます。皮膚切除施術は、余った皮膚がなくなり目の下の茶色みも薄くなるのが魅力でしょう。切開線はまつ毛のすぐ下の1~2㎜の切開なので、分かりづらいところも特徴のひとつです。

費用 324,000円
内容 治療期間
約1ヶ月
通院回数
2回程度(手術・抜糸)
副作用・リスク
要問合せ

マイクロCRF注入

従前の脂肪注入術を改善したCRF(コンデンスリッチファット)注入。CRFを細かい細胞レベルまで粉砕し、極細針での注入が可能になるようにジェル状にしたものがマイクロCRFです。高い定着率で脂肪を粒子の細かいヒアルロン酸のように繊細に注入できることから、目の下のたるみをはじめとする細かい箇所の施術が可能です。

脂肪注入の場合、注入脂肪の大部分が吸収されてしまい目元にあまり残らないことやしこりが形成されることが難点でした。目のくぼみやこけの治療として、自分の脂肪を他部位から採取し注入する方法が行われています。

費用 540,000円
内容 治療期間
ほぼなし
通院回数
1回程度(手術)
副作用・リスク
要問合せ

下瞼脱脂

下瞼脱脂とは下まぶたの裏側(結膜側)を切開し、眼科脂肪を切除することで目の下のたるみを改善する手術です。目の下の脂肪が盛り上がっているだけでその下にくぼみが無い方に適応。皮膚の表面は切らないので傷はできません。

クマは眼窩脂肪が出っ張ってくることも影響しますが、頬の組織が垂れ下がることによりクマの下のくぼみが深くなることが大きな原因。エースクリニックではこのようなクマの成因を踏まえて下瞼脱脂だけを単独で行うことは少なく、頬への脂肪注入と組み合わせて行うのが特徴です。

費用 270,000円
内容 治療期間
約2週間
通院回数
2回程度(手術・テープ除去)
副作用・リスク
中長期的な経過でクマがむしろ悪化する可能性

脱脂注入法

脱脂注入法は下まぶたの裏側(結膜側)を切開して眼窩脂肪の切除後、その切除した眼窩脂肪をへこんでいる部分に注入する手術です。

脱脂注入手術のメリットは、傷が皮膚表面にできないことに加えて腫れが少ないことが特徴。時間があまりとれないという場合は、脱脂注入法を選ぶことによりダウンタイムを大幅に軽減することができます。ほかにもくぼみが大きいことにより切除した眼窩脂肪だけでは足りない場合にも対応。別部位から採取した脂肪を追加注入する脱脂CRF法も選択できます。

費用 324,000円
内容 治療期間
約2週間
通院回数
4回程度(手術・1週間検診・1ヵ月検診・3ヵ月検診)
副作用・リスク
中長期的な経過で脂肪が減ってくる可能性

脱脂CRF法

目の下の凹みが大きく、切除した眼窩脂肪の量だけでは足りない方に脱脂CRF法を採用。術前にご自身の別部位(おなか、腰、ももなど)から採取した脂肪を用いて作成したマイクロCRFを用いて、眼窩脂肪切除後に目の下の凹みに注入します。別部位から採取した脂肪を用いることで十分量の脂肪を確保することが可能。立体的な下まぶた~中顔面を構築することができます。

費用 698,000円
内容 治療期間
約2週間
通院回数
4回程度(手術・1週間検診・1ヵ月検診・3ヵ月検診)
副作用・リスク
中長期的な経過で脂肪が減ってくる可能性

ウルセラアイ

ウルセラとは、切らないたるみ治療のひとつで超音波を利用してお顔のリフトアップを実現する美容機器。顔~首~デコルテのたるみ、たるみによるしわなど広範囲で治療することができます。

ウルセラは超音波を使うため、施術中に超音波エコー画面を確認することが可能。皮下の層状構造を目で見てリフトアップ効果を最大限に引き出すように狙いを定めて超音波を照射できる特長があります。

1回の施術でリフトアップ効果が期待できますし、その後2~3年と持続することも。たるみの予防にもおすすめの治療で、定期的に利用するのがおすすめです。

費用 108,000円
内容 治療期間
ほぼなし
通院回数
1回程度(施術)
副作用・リスク
要問合せ

サーマクールアイ

サーマクールとはアメリカThermage社の切らないたるみ治療機器。レーザーなどの光線系エネルギーよりも深部に到達する高周波(ラジオ波)を用いているため、たるみの原因である緩んだ真皮に働きかけて引き締める効果があります。

たるみ以外に小じわや毛穴の開きに対しても改善効果があります。サーマクールの効果は施術後すぐに現れる即時効果もありますが、真の効果は施術後1か月以降徐々に現れることも。施術後1か月~半年にわたって効果が現れていき、その後半年~1年ほど持続効果が期待できます。

費用 135,000円
内容 治療期間
ほぼなし
通院回数
1回程度(施術)
副作用・リスク
要問合せ

マドンナリフト

マドンナリフトはイタリアのDEKA社による炭酸ガスフラクショナルレーザーで、スマートサイドドットを利用したまぶたや顔のリフトアップやスキンタイトニングを得る治療です。フラクショナルレーザーは皮膚に微小な穴を無数に開け、皮膚を点状に入れ替えるレーザー。その穴をあけるために炭酸ガスレーザーが用いられています。ほかの炭酸ガスフラクショナルレーザーと異なり、スマートドットでは2つの波形を組み合わせ。皮膚の収縮効果を高め、引き締める効果にも期待できます。

費用 54,000円(1回)
内容 治療期間
約1週間
通院回数
1回程度(施術)
副作用・リスク
腫れ・かさぶた

ドクターズコスメ紹介

エースクリニックオリジナルのドクターズコスメに関する情報は見つかりませんでした。

口コミ体験談

  • 「安心して施術を受けられました」
    友人の紹介でエースクリニックさんに行ったのですが、私は美容整形だけでなく、手術を受けること自体が初めてだったのでとても緊張していました。しかし、カウンセリングが丁寧だったことと、先生や看護師さんが優しく接してくれたおかげで、不安が和らぎました!(20代・女性)
  • 「納得のいく説明をしてくれました」
    カウンセリングには時間をかけてくれて、きちんと納得できるような十分な説明をしてくださいました。自分ではどんな施術をどこにすればいいのかがわからなかったのですが、施術を担当してくれる先生がカウンセリングも行なってくれたので、いろいろと質問しながら施術方針を決められて安心しました。(40代・女性)

クリニック詳細情報

住所 名古屋市中村区名駅4-10-25 名駅IMAIビル3F
アクセス 「名古屋駅」桜通口より徒歩6分
診療時間 10:00〜19:00(完全予約制)
休診日 水曜・日曜・祝日
電話番号 052-589-1001