目の下のたるみ治療に強い名医がいるクリニックPICKUP5 » 目の下のたるみ治療でよくある質問・悩み » 治療の傷などは目立つでしょうか?

治療の傷などは目立つでしょうか?

美容整形のリスクとは?

近年の美容整形技術の発展は目覚ましく、敷居が低くなってきている事からも気軽に受けられるようになっています。ただ、美容整形はそれなりの外科技術が必要となる医療行為です。リスクはゼロではありませんので、下手な医師にかかれば傷が残ってしまう事もあります。

そうした美容整形で一番心配なのが、傷跡が残ってしまう事。特に目元などはどうしても人目につきますから、ささいなキズさえ目立ってしまいます。目の下のたるみを取る施術と言えば、脂肪をとりのぞく脱脂術が定番となっていますが、メスで下まぶたを切開する場合、キズがついてしまい跡になってしまう事もあるので気を付けたい美容整形の一つです。皮膚が多く切除されてしまうと下まぶたにある赤い結膜がみてしまう事もあり、これは医師の技術不足によるものといえます。

また、メスを使った脱脂術だけでなく、安全と言われているレーザー照射系も、一歩間違えればキズが残ってしまう事にもなりかねません。出力調整がうまくいかないと火傷を負ってしまう事もあり、色素沈着や傷跡が残る事もあるのです。

特にメスを使った切開法は、細かい作業が多く、美しく仕上げるにはそれなりの技術が必要となります。下手な人がやればキズついてしまうだけでなく、老け顔になってしまう事もあるのです。

リスクを避けるならメスを使わない

メスを使った脱脂術や金の糸では、施術する美容外科医のレベルによって左右されてしまいます。どうしてもこの方法でしっかりと脂肪をとりのぞく、もしくは移動させて半永久的な効果を持続させない…というのであれば、信頼できる医師やクリニックを選ぶのが大事。症例数や経験実績などをしっかりとリサーチするようにしましょう。

ただ、リスクを考えて最近では切らない治療メニューが主流になってきているようです。脱脂術でも切らないでおこなう方法はあるので、不安がある人はメスを使わない方法で相談してみるのがいいでしょう。もちろん、その際も経験豊富な名医を選ぶ必要があり。リスクを避けるためには、医師の実力を見極める事も大事なのです。

目の下のたるみを解消する手術の種類や失敗談をチェック