HOME【あなたはどのタイプ?】目の下のたるみの原因
目の下にできるくまとたるみの関係

目の下にできるくまとたるみの関係

ここでは、目の下にできるくまとたるみの関係について、説明します。

くまの種類を正しく知る

ひとことで「くま」といっても、実は3つの種類に分けられるのをご存知ですか?

その3つとは、「青くま」「茶くま」「黒くま(影くま)」です。

青くまのイメージ画像 茶くまのイメージ画像 黒くまのイメージ画像

その見分け方について、ご説明しましょう。

まず、青くまは、血行不良によって起きるものです。

皮膚の下の静脈の色が青く見えているものなので、引っぱってもくまは動きません。

また、化粧品などや、肌のこすりすぎによってできる「茶くま」は、皮膚の色素沈着がくまとなって見えているものなので、皮膚を引っ張ってみると、くまもいっしょに動きます。

たるみの原因となる「黒くま」は、皮膚の緩みによってできた影なので、皮膚を引っぱると、くまの色が消えて見えなくなります。

青くまは眼のまわりを温めることで解消しますし、茶くまは目元の肌のターンオーバーを促すことで解消します。

たるみの改善には直接繋がらないので、それぞれのくまにあった対処方法を見つけることが大切です。

ちなみに、黒くまのいちばんの解消法は、肌の若返りを目指すこと。

具体的には肌のコラーゲン生成を促し、ピンとはった肌にすることがポイント。それによって、黒くまがたるみへと進むのを防ぐことにもつながるのです。

これらのくまは、効果の高い化粧品で毎日ケアすることで薄くすることも可能です。

こちらのページで化粧品とその有効成分について詳しく紹介しているので、あわせてチェックしてみてくださいね。