目の下のたるみ治療に強い名医がいるクリニックPICKUP5 » 目の下のたるみの手術の種類と事例集 » ウルセラシステム

ウルセラシステム

治療内容

切らない手術のひとつであり、別名・経結膜的眼窩脂肪移行術、もしくはトラコンハムラ法とも呼ばれています。下まぶたの裏側にある結膜に穴を開け、眼窩脂肪をくぼんでしまった部分に移動させます。傷跡も残らず体への負担も軽いとして人気のメニュー。
ただ、ウルセラシステムは比較的新しい技術であること、高度な外科技術が必要となることからも、取り扱っているクリニック数はそう多くはありません。

効果

超音波を使って、皮膚の一番深い層であるSMAS層からリフトアップ可能。熱ダメージでSMAS層のたんぱく質をギュッと凝縮しつつ、人の身体が持つ創傷治癒作用からコラーゲン生成が促進され、皮膚の厚みや弾力がアップ。術後の赤みや腫れ等も少なく、半年~1年とその効果の持続期間も長いです。

メリット

目の下のむくみをスッキリさせて、くぼんでしまった部分に膨らみを与えて解消するといった一石二鳥な施術。メスで皮膚を切らないので体への負担が少なく、一度の手術で目元をスッキリとさせられます。ダウンタイムも短いです。

デメリット、リスク

高レベルな外科技術が必要となる難しい手術なので、経験や実績がない医師では失敗する確率も高いものに。医師選びを慎重にする必要があります。ウルセラシステムではマシンを使うものの、的確な照射技術が不可欠。SMAS層の位置の把握や、リスクを避けるためにはどの部分を避けるべきかなど、しっかりとした知識が必要なのです。解剖学に熟知している外科医でしか、難しいといえるでしょう。また、余分な皮膚が多いと、ウルセラシステムによる効果は出にくく向いていないといえます。

ダウンタイム

メスで皮膚を切るわけではないので、ダウンタイムは比較的短め。ただ、粘膜に穴を開けるので、1週間ほど腫れがみられます。
もしも神経周辺を刺激してしまった場合、一時的にしびれなどの違和感があるかもしれませんが、神経障害にまで発展した報告はなし。皮膚の陥没や肥厚性瘢痕(ケロイド)なども報告もされていません。

費用の相場

比較的新しい施術であり、その技術も高度なものを求められることからも、かかる費用は高額。大体30万~40万はするものとなります。

切らない目の下のたるみ治療の名医がいるクリニックPICKUP5はこちら

ウルセラシステムが受けられる東京のおすすめクリニック

銀座長澤クリニック

銀座長澤クリニックの院長である長澤医師は、クリニックの開業以来、様々なエイジングケア施術を提供しており、メスも針も使いたくないという人に対しては、ウルセラ治療を推奨していることが特徴です。銀座長澤クリニックでは患者の体質に合わせた麻酔を使用して、眠っている間に最大出力による施術を行うことで、治療効果の追求と痛みケアを同時に行っています。また、顔の凹凸を考慮した多方向照射を実施していることもポイントです。

  • メニュー名:HIFU(ウルセラ)
  • 費用:顔全体(頬・口元・フェイスライン)300,000円~(静脈麻酔代含む)

銀座長澤クリニック の口コミ評判はこちら

東京イセアクリニック

手術によるリフトアップに相当する「切らないリフトアップ」として、東京イセアクリニックではウルセラによる治療を行っています。施術中は麻酔クリームなどによる痛みケアを行いますが、痛みに強い人であれば使用せずに治療時間を短縮することも可能です。また、エコー画面を確認しながらの照射で正確性を高めるだけでなく、術後の痛みやダウンタイムのケアにも取り組んでおり、施術に関連する様々なリスクの軽減に努めていることも特徴です。

  • メニュー名:ウルセラ(切らずにトライプランと同施術をする場合)
  • 費用:両目83,800円/片目58,800円

東京イセアクリニックの口コミ評判はこちら

有楽町美容外科クリニック

有楽町美容外科クリニックでは、高密度焦点式超音波(HIFU)を筋膜へ照射して、肌の深層からリフトアップするウルセラリフトを提供しています。エコー画面で状態をリアルタイム確認しながら施術することで、治療の確実性を向上させている他、ヒアルロン酸やシワ取り注射との併用も可能です。施術時間は1回およそ30分ほどで、シャワーやメイクなどは当日から行えます。また、初めてウルセラリフトを受ける場合は、初回限定価格も設定されています。

  • メニュー名:ウルセラリフト 初回限定
  • 費用:顔全体139,260円/顔全体+あご下(首)163,790円

有楽町美容外科クリニックの口コミ評判はこちら

銀座ケイスキンクリニック

銀座ケイスキンクリニックでは複数のリフトアップ施術や複合治療が提供されていますが、内出血などの副作用リスクを最小限に抑えたい人に対しては、ウルセラシステムを活用した「ウルセラリフト」が推奨されています。術前は担当医がしっかりと患者の肌質やニーズを診断した上で、照射部位や回数といったプランニングを行います。また、希望者に対してテスト照射が実施されており、痛みが気になる人は外用麻酔を使った痛みケアも併用可能です。

  • メニュー名:ウルセラ(ウルセラシステム)
  • 費用:フルフェイスリフト450,000円、フェイスリフト350,000円、チークリフト250,000円、テスト照射5,000円

メディアージュクリニック

メディアージュクリニックはメスを使わないリフトアップ施術として、ウルセラリフトを提供しており、超音波による効果で筋膜(SMAS)からの引きしめ効果を目指します。施術に際しては出力レベルを調節しながら照射されるため、麻酔を使わなくても痛みを軽減することが可能です。また、ダウンタイムがほとんどなく、治療後にメイクをして帰宅することもできます。術後1~3ヶ月程度から効果が表れ始め、およそ1年半ほどの持続効果が期待できます。

  • メニュー名:HIFU ~ウルセラリフト~
  • 費用:顔全体(あご下含む)350,000円、前頚部192,000円、目元パッチリ(眉上+こめかみ+下眼瞼)130,000円