目の下のたるみ治療に強い名医がいるクリニックPICKUP5 » 目の下のたるみを解消する手術

目の下のたるみの手術の種類と事例集

目の下のたるみを解消する手術

ここでは、目の下のたるみを解消する手術について考察します。

たるみを解消するための手術とは

目の下のたるみの手術、というと「なんだか怖い」というイメージを持つ人が多いかもしれません。けれども、目の下のたるみを解消する手術は、近年飛躍的に進化を遂げています。

従来の瞼の下を切開する手術はもちろんの事、切らずに目の下のたるみを取る手術も登場し、手術の内容や料金、コースメニューも多彩になってきました。こうした時代に必要なのが、患者自身がきちんと手術の種類や内容について知り、クリニックや解消法を選べるだけの知識を持つ事。

「勧められるままに」手術を選んでしまっては、「こんなはずじゃなかった」という事にもなりかねません。クリニックを選ぶ際、実際に手術を受けた人の体験談をチェックするのも1つの手です。

当サイトでも、多くの口コミを元に満足度の高いクリニックや名医と呼ばれる、目の下のたるみのスペシャリストがいるクリニックをピックアップしています。

目の下のたるみは、自分の実年齢よりも上に見せてしまうため、できるだけはやく解消したいもの。自分に最適の手術を選び、老けた印象からサヨナラしませんか。

切らない目の下のたるみ施術

目の下のたるみの改善は、メスを使わないでも可能です。サーマクールやウルセラシステム、ボトックス、金の糸、ヒアルロン酸注入、レーザー治療など…さまざまな方法があり、これらはプチ整形とも呼ばれています。まだ、目の下のたるみが嫌い、美容整形は初めてでメスを入れたくない…なんて人におすすめ。手軽にチャレンジできるものもあり、美容整形入門編としてもいいです。

注目の切らない目の下のたるみ施術はこれ

切らない施術として注目されている「TCB-R/TCB-Fコンプリート法」や「自己再生TCB+PRP血小板注入療法」。これは一体どんな施術なのでしょうか?施術方法はもちろん、その効果やメリット・デメリットなどをまとめてみました。

その他代表的な目の下のたるみ(切る)施術

目の下のたるみを効果的に改善する方法といえば、メスで切開して脂肪自体に対処する事です。脱脂術とハムラ法とありますが、どちらも半永久的な効果を期待する事が可能。ただ、ダウンタイムや傷などの有無、費用面など…腕の良い医師でないとリスクが大きくなります。

目の下のたるみ手術に失敗した人のリアル体験談

どんなに簡単な整形美容でも、100%の安全はありません。それぞれに大なり小なりのリスクがあります。それを左右するのが、医師やクリニックのレベルです。どんなに簡単といわれている施術でも、経験値の浅い医師がやれば失敗する確率も上がります。また、状態をきちんと把握できない医師も、リスクが高いといえるでしょう。ここでは、目の下のたるみ手術における失敗例を挙げてみました。治療に失敗しないために、どんな事に気をつけたらいいのかというポイントが、様々な失敗例から見えてきます。

受けてよかった目の下のたるみ手術成功体験レポート

実際に目の下のたるみを解消するべく、施術を受けてみた人の口コミを集めてみました。イメージしていたのとは違うといった驚きと、メスを使わないでもここまできれいにできる事など…自分の中で描いていた美容整形を超える結果に驚く声が多数。美容整形は日々進歩している事からも、まずはカウンセリングを受けてみる事が大事なのだと気づかされます。