目の下のたるみ治療に強い名医がいるクリニックPICKUP5 » 目の下のたるみを解消する手術 » その他代表的な(切る)施術

その他代表的な(切る)施術

ダウンタイムがあるが半永久的に続く、脱脂術とハムラ法

目の下のたるみを予防するための効果的な方法といえば、脱脂術とハムラ法です。どちらも目の下にメスを入れるので、邪魔となった脂肪を効果的に取り除いたり移動させたりする事ができます。しかも、効果の持続期間は半永久的と、プチ整形に比べると一度の施術で済むといった簡単さがあります。一度でしっかりと改善したい人にはおすすめです。また、むくみがひどい人に向いている施術といえます。

ただ、メスを入れるのでダウンタイムが長く、費用もそれなりにかかります。また、下手な医師にかかってしまうと、傷跡が残ってしまうといったリスクも…。脱脂術やハムラ法を選択する場合は、きちんとクリニックや医師についてリサーチする事が欠かせないのです。

脱脂術

現在、最も選ばれている手術の1つ、「脱脂術」は、目の下のたるみの原因である余分な脂肪を取り除くものです。下まつ毛の生え際を切開して、そこから脂肪を除去する方法で、たるみの原因そのものを取り除くので、一般的な「注入療法」とは違い、半永久的に効果が持続するのが一番のメリットです。

また、たるみが原因によるクマにも効果が期待でき、1度の施術でたるみとクマの2つの悩みを同時に解消する事が可能です。ただし、脂肪を切除しすぎてしまうと、かえって目の下が凹んだようになって、クマやたるみが目立つ可能性もあります。失敗しないためには、経験豊富で信頼できるドクターを見極める必要があるのです。

費用相場 100,000円〜

ハムラ法

目の下のたるみの原因である脂肪を取り除くのではなく、凹んでいるクマの部分に移動させる手術が「ハムラ法」です。下まぶたのまつ毛の生え際を切開するため、たるみのせいで伸びた皮膚も切除でき、スッキリとした目元になれます。

脱脂術では逆に目の下が落ち窪んでしまって老けてしまう、という患者さんに対して行われる事が多い手術方法です。ただし、医師の腕によっては凸凹が気になったり、切開のキズが大きくて気になるようになるというケースもあります。医師のセンスや技術によるところが大きいので、事前の口コミなどをきちんとチェックして選ぶようにしましょう。

費用相場 250,000円〜