目の下のたるみ治療に強い名医がいるクリニックPICKUP5 » 目の下のたるみ治療でよくある質問・悩み » 治療後のダウンタイムは?

治療後のダウンタイムは?

施術メニューによってダウンタイムは違う

施術後の心配と言えば、幹部の腫れや痛みです。ある程度のダウンタイムを覚悟しなければいけないのは、メスを使う脱脂術やハムラ法、ヒアルロン酸注入。ただ、最近では整形技術も進歩してきたことから、腫れても昔よりも短期間で済むようになってきているようです。

メスを使う脱脂術

たるみ除去方法として定番である、皮膚表面をメスで切開する脱脂術では、個人差はあるものの大体1~2週間程度は腫れてしまい内出血してしまうこともあります。きれいな目元になるには、大体2カ月前後かかるようです。

ハムラ法

脂肪を除去するのではなく別の場所に移動させるハムラ法では、皮膚表面をメスで切開する場合は腫れも長引いてしまうのですが、結膜側からであれば1週間もしないうちにきれいに目立たなくなるようです。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸は、少しばかり腫れることがあるようですが、ほとんどの場合で施術後メイクをして帰宅できるほど。脂肪注入では1~2週間ほど腫れてしまい、それとは別に、脂肪吸引した部位が2~3週間ほど筋肉痛のような痛みがあります。

セルリバイブジータ

皮膚再生能力を高める治療法。注入と同時にひどく腫れてしまい、内出血やあざ、赤みなどの症状がみられることもあります。腫れは数日~1週間程度でおさまりますが、あざや内出血はそれよりももう少し長くかかってしまうようです。他にも、頭痛やしびれ感といった症状が出ることもあります。

では逆に、ダウンタイムが少ないと言われている施術方法は、メスを入れない脱脂術やボトックスです。

メスを入れない脱脂術

切らないで下まぶたから脂肪を除去する脱脂術を、ノーダウンタイム手術と言います。腫れもほとんどなく、もしも腫れてしまったとしても数日でおさまる程度です。

ボトックス

ほぼダウンタイムがないと言われている、ノーダウンタイム手術の一つ。

ちなみに、目の下のたるみだけでなくアンチエイジング効果も期待できる金の糸は、医師のレベルや個人差でダウンタイムが大きく変わってきます。腫れや内出血がまったく見られない人もいれば、腫れだけでなく凸凹が目立ってしまったなど、その症状がいろいろとみられる人も…。


目の周りは皮膚も薄くデリケートですから、どうしても内出血をしやすく、腫れや痛みなどが発生しやすい部位です。人目に触れることからも、なるべくダウンタイムは少なくしたいもの。腫れや痛みがひどい場合は医師に相談し、しっかりとケアすることが大事。いつも以上にデリケートになっていますから、その間のスキンケアやメイクについても医師に確認しておきましょう。どの施術をするにしても、実績豊富な腕のいい医師にお願いするのが、少しでもダウンタイムを軽くすることにもつながります。

目の下のたるみを解消する手術・体験談をチェック