加齢タイプ 

ここでは、目の下のたるみの原因のひとつ「加齢」について、考えてみます。

老化による目の下のたるみとは

目の下のたるみの原因のうち、一番大きいのが肌の老化です。

目の周囲は皮膚が薄いので、ほんの少し筋肉が衰えるだけでも脂肪が溜まって皮膚が下がり、目の下にたるみができてしまいます。

そもそも、ハリのある肌とは、肌の奥の真皮にヒアルロン酸やコラーゲンなどの物質がしっかりと張りめぐらされ、これらの物質が肌に水分を蓄えている状態をさします。

けれども、このヒアルロン酸やコラーゲンは年齢と共に減少してしまうため、肌が水分を保てなくなり、柔らかくゆるんできてしまいます。

これによって、目の下の皮膚に弾力がなくなってきて、たるんできてしまうのです。

ヒアルロン酸やコラーゲンは、ホルモンなどの影響によっても減少することがわかっていますが、もうひとつ、紫外線や乾燥による影響で、減少したり乱れたりすることがわかっています。

紫外線によるダメージは少しずつ蓄積されますから、同様に年齢を重ねていても、紫外線を多く浴びている人や乾燥した場所にいる人ほどたるみが起きやすく、そうでない生活を送っていない人はたるみにくい傾向があります。

また、たるみの起きやすさは肌質によっても変わり、きめ細やかな肌ほどたるみが目立ちやすい傾向があるようです。

一度、ダメージを受けてしまった真皮は限度を超えると完全には元には戻りません。加齢によるたるみをできるだけ食い止めるためにも、外的ダメージをできるだけ減らす生活を心がけましょう。