目の下のたるみ治療に強い名医がいるクリニックPICKUP5 » 【あなたはどのタイプ?】目の下のたるみの原因 » 加齢による肌の老化が原因になる

加齢による肌の老化が原因になる

ここでは、目の下のたるみの原因のひとつ「加齢」について、考えてみます。

老化による目の下のたるみとは?

目の下のたるみの原因のうち、一番大きいのが肌の老化です。

目の周囲は皮膚が薄いので、ほんの少し筋肉が衰えるだけでも脂肪が溜まって皮膚が下がり、目の下にたるみができてしまうのです。

弾力が低下

そもそも、ハリのある肌とは、肌の奥の真皮にヒアルロン酸やコラーゲンなどの物質がしっかりと張りめぐらされ、これらの物質が肌に水分を蓄えている状態をさします。ところが、このヒアルロン酸やコラーゲンは年齢と共に減少してしまいます。そのため、肌が水分を保てなくなり柔らかくゆるんできてしまい、目の下の皮膚に弾力がなくなってきてたるんできてしまうのです。

ヒアルロン酸やコラーゲンは、ホルモンなどの影響によっても減少する事がわかっていますが、紫外線や乾燥による影響でも減少したり乱れたりする事がわかっています。紫外線によるダメージは少しずつ蓄積されますから、同様に年齢を重ねていても、紫外線を多く浴びている人や乾燥した場所にいる人ほどたるみやすくなります。また、たるみの起きやすさは肌質によっても変わり、きめ細やかな肌ほどたるみやすい傾向が見られます。

一度、ダメージを受けてしまった真皮は限度を超えると完全には元には戻りません。加齢によるたるみをできるだけ食い止めるためにも、外的ダメージをできるだけ減らす生活を心がけましょう。

表情筋の衰え

皮膚と直接つながっている表情筋は、それが動く事で表情が作られます。この表情筋が衰えてしまうと、重力に負けて皮膚や皮下脂肪などが支えられなくなり、それがたるみを作っていくのです。

喜怒哀楽の激しい人というのは、たるみが起こりにくいようです。その理由は、ころころと表情が変わる人というのは、それだけ顔の表情筋がまんべんなく使われているから。逆に、1日中パソコンとにらめっこし、あまり人と会話をせず無表情でいる事が多い人は、顔の筋肉が退化して老けやすくなるのだそうです。

ですから、人に見られる事を仕事とする芸能人やモデルさん、積極的に人と話す事が仕事の営業さんなどは老けにくいと言われています。顔の表情筋をよく使っているからなんですね。

目の下のたるみ治療の名医・凄腕ドクターがいるクリニックPICKUP5はこちら