注目の施術はこれ!

ここでは、注目のクリニック「SOグレイスクリニック」の切らない施術を紹介します。

TCB-R/TCB-Fコンプリート法

「切らないたるみ取り」のゴットハンドで知られる、SOグレイスクリニックの近藤惣一郎院長は主に2つのオリジナル治療法があります。

まぶたのたるみ+目の下の凹みラインもある人に行なうのが、「TCB-R/TCB-Fコンプリート法」です。

もともと脳外科医であった近藤先生の手術は、通常の美容外科では使わない、脳外科手術顕微鏡を使って行われます。

TCB-R/TCB-Fコンプリート法は、下まぶたの裏側から顕微鏡を使って微量の脂肪を採取し、3週間後にラディエッセを注入するもので、一度に、たるみと凹みラインの両方を解決するうえに、ダウンタイムも少なく、傷跡のないキレイな仕上がりです。

近藤先生の元に訪れる患者さんのほとんどの方が「TCB-R/TCB-Fコンプリート法」を選ばれるようです。

TCB-R/TCB-Fコンプリート法の施術例

TCB-R/TCB-Fコンプリート法の施術例

自己再生TCB+PRP血小板注入療法

TCB-R/TCB-Fコンプリート法が、まぶたのたるみ+目の下の凹みラインもある人向きであるのに対し、目の下に凹みラインがない人に向いているのが自己再生TCBです。

これは、目の下の皮膚を裏側から押して、目の下のたるみの原因になっている脂肪を下まぶたの裏の赤目部分から最適量減らすもので、赤目部分にほんのわずか切れ目を入れますが、いわゆる切開手術のような負担はありません。

さらに手術から約3週間後には、目の下の皮膚の部分に自分自身のの濃厚血小板を注入します(PRP血小板療法)。

注入された血小板は、肌のコラーゲン産生を1年以上にわたり増やすため、ハリのある目元が復活します。

しかも、痛み止めのガスを吸った上に、極細の注射針で局所麻酔を注入するので手術中はまったく痛みを感じません。

自己再生TCBの施術例

自己再生TCBの施術例

「脂肪を取ったら、皮膚がしぼんでシワが増えてしまうのでは?」と誤解される人も多いですが、近藤先生によれば、圧力が減らされた皮膚は積極的に縮むため、皮膚がしぼむことはないそうです。

 

丁寧なカウンセリングで一人ひとりの悩みや症状を見極めて、最適な施術を行なってくれるSOグレイスクリニック。

万が一、脂肪除去量が足りなかった場合は、無料で追加除去が受けられます。

SOグレイスクリニックの施術例を見たい方はこちらをチェック!