目の下のたるみ治療に強い名医がいるクリニックPICKUP5 » 目の下のたるみ治療でよくある質問・悩み

目の下のたるみ治療でよくある質問・悩み

カウンセリングの前に知っておきたいFAQ

目の下のたるみ治療を受けるにあたって、まったく不安がない…なんて人はいません。誰もが少なからず不安を抱え、悩みや質問なども抱えいます。ここでは、目の下のたるみ治療でよくみられる質問を集めてみました。気が付かなかった角度からの見方も得られます。カウンセリングの前準備として知っておくと、スムーズに先生にも質問できるようになりますよ。

目の下のたるみ具合によって施術は変わるの?

たるみが軽い場合は、ヒアルロン酸注入やボトックス注射、レーザー治療といったプチ整形できれいな目元を作る事ができます。本格的な施術まではしたくないという人におすすめです。たるみがひどい場合は、脱脂術で眼窩脂肪を取り除いてしまうのがよく、これにはメスを使う方法と使わない方法とあります。

目の下のたるみ施術によって効果はどのくらい持続する?

どの方法を選択するかで、その効果の持続時間は変わってきます。ヒアルロン酸やボトックスであれば手軽ですが、継続的なケアが必要となります。脱脂術であれば半永久的な効果が期待できるのですが、場合によってはメスを入れる事もあります。それぞれのメリット、デメリットを把握して選ぶのが大事となります。

目の下のたるみ治療後のダウンタイムは?

さまざまな治療法がありますが、治療方法によって術後のダウンタイムが大きく変わってきます。なるべく軽く済ませたいのであれば、メスを入れない脱脂術やボトックスが最適。逆にメスを使う脱脂術やハムラ法、ヒアルロン酸注入、セルリバイブジータなどは、程度の差があるものの腫れや痛みが心配されますので、施術前にしっかりと医師に確認しておきましょう。

目の下のたるみ治療の費用相場はどのくらい?

たるみ治療には、メスを使った切る方法とメスを使わず注射やレーザーなどで解消する方法とあります。費用面からしてみると、当然高いのは前者のメスで切開する方法です。相場としては、いくらぐらいなのでしょうか?また、メスを使わないプチ整形の費用はどれくらいなのでしょうか?

目の下のたるみ治療に保険は効くのでしょうか?

目元のたるみ除去などの美容整形は、基本的には健康保険は適用されません。ただ、目元に関しての治療のなかで一部適用されるケースも…それはどんな治療なのでしょうか?

目の下のたるみ治療の傷などは目立つでしょうか?

最近の美容整形技術は向上しているとはいえ、実績や経験が浅い医師にまかせる事でキズを残してしまう事も…。目元の整形はちょっとした傷でも目立ちがち。そういった事からも、最近ではメスを使わない施術が主流となってきています。

目の下のたるみ治療の麻酔はどこにしますか?痛みは?

目元の整形手術で使われる麻酔は、局所麻酔や表面麻酔が定番。患者さんの状態や施術に応じて麻酔を使い分けており、他にもさまざまな種類の麻酔があります。基本的には患者さんの希望を取り入れつつ決めますので、不安がある人は事前に相談しておくと安心です。

男性の目の下のたるみ治療も大丈夫でしょうか?

美容整形と聞くと女性だけが受ける治療のように思えますが、最近では男性患者さんも増加しています。ビジネスでの印象を良くするため、エチケットの一つとして、一般の男性にも広がりつつあるのです。