HOME目の下のたるみを解消する手術
効果がなかった…失敗エピソード集

効果がなかった…失敗エピソード集

ここでは、目の下のたるみの手術の失敗談を紹介します。

脂肪の取りすぎ?さらに老けた印象に(48歳・F香)

目の下のたるみを解消すべく、脱脂法という方法で手術したのですが、完全に失敗しました。

脂肪をとりすぎたのか、目全体が落ち窪んでしまい、たるみはなくなったもののシワがひどくクマも広がってしまいました。

別のクリニックに行くと今度は脂肪注入を勧められ、ワラにもすがる思いでやってみたのですが、ハリは出たものの今度はクマが強調される結果に。

コンシーラーで厚くカバーしなければ出かけられない状態です。

どちらのクリニックも「たるみがなくなったんだから成功」「ハリがでたんだから成功」というばかりで、相談にものってくれません。元の顔に戻りたいです。

瞬きができなくなりました(41歳・M子)

久しぶりに合った知人の目の下のたるみがなくなっていたので、紹介してもらい、私も同じドクターに施術してもらいました。

術後2週間以上経っても目が充血したままで、白目部分がゼリー状になっていました。

眼下で診てもらったところ、手術によってまぶたが閉じなくなっていることが原因と言われました。

同じ手術だから大丈夫だろうと気軽な気持ちで受けてしまった私にも責任がありますが、たるみの状態は人によって違うのだから、カウンセリングでもっと丁寧に診てもらいたかったです。

目の下に手術痕が!(62歳・K美)

最初はメスを使わない施術を検討していたのですが、目の下のたるみがひどいので、「切開しなければ解消できない」と言われ、切開法にチャレンジしました。

手術から半年経った今でも、目の下の傷が目立ちます。

ミミズ腫れのようにぷっくりと浮いてしまっているので、コンシーラーなどで隠すこともできず、いかにも「整形しました」という感じ。

私の場合は、もともと傷がケロイド状になりやすいのがよくなかったみたいです。

やっぱりメスを使わない施術にすれば良かったと、鏡をみるたび後悔しています。

目の下のたるみの手術の失敗談を見てみると、医師のセンス・技術不足によるものがほとんどのようです。

また、クリニックと患者さんの間での話し合いが十分に行われなかったことで引き起こされることも。

こうした失敗は、経験豊富な医師を選ぶことで回避できます。しっかりと納得がいくまでカウンセリングをしてくれて、きちんと技術力の高い医師がいるクリニックを選ぶようにしましょう。

~手術で失敗したくない人のために~目の下たるみの名医がいるクリニックBEST5