目の下のたるみ治療に強い名医がいるクリニックPICKUP5 » 目の下のたるみを解消する手術 » 効果がなかった…失敗エピソード集

効果がなかった…失敗エピソード集

目の下のたるみをケアする美容整形はいろいろとありますが、どれを選んでもそれなりのリスクはあるものとなります。メスを使った切る施術よりも、メスを使わない切らない施術の方が安心・安全なイメージがありますが、それでもやはり経験値や実績の少ない医師が施術をおこなう事で失敗してしまうリスクもあります。

目の周辺は小さな傷でも目立つ場所ですし、人によってたるみの程度や状態が異なり、実績や経験値がないクリニックでは対応に差が出てきます。そういった様々なリスクを軽減するためにも、経験のある医師がいるクリニックでおこなうのが一番。実績がある専門の名医がいるクリニックでカウンセリングを受けるのがいいでしょう。価格だけで決めて技術や実績を無視してまうと、いたずらに失敗する確率を高めるだけになるのです。

失敗エピソード

「脂肪の取りすぎ?さらに老けた印象に(48歳・F香)」

  • 目の下のたるみを解消すべく、脱脂法という方法で手術したのですが、完全に失敗しました。脂肪をとりすぎたのか、目全体が落ち窪んでしまい、たるみはなくなったもののシワがひどくクマも広がってしまいました。別のクリニックに行くと今度は脂肪注入を勧められ、ワラにもすがる思いでやってみたのですが、ハリは出たものの今度はクマが強調される結果に。コンシーラーで厚くカバーしなければ出かけられない状態です。どちらのクリニックも「たるみがなくなったんだから成功」「ハリがでたんだから成功」というばかりで、相談にものってくれません。元の顔に戻りたいです。

「瞬きができなくなりました(41歳・M子)」

  • 久しぶりに合った知人の目の下のたるみがなくなっていたので、紹介してもらい、私も同じドクターに施術してもらいました。術後2週間以上経っても目が充血したままで、白目部分がゼリー状になっていました。眼下で診てもらったところ、手術によってまぶたが閉じなくなっている事が原因と言われました。同じ手術だから大丈夫だろうと気軽な気持ちで受けてしまった私にも責任がありますが、たるみの状態は人によって違うのだから、カウンセリングでもっと丁寧に診てもらいたかったです。

「目の下に手術痕が!(62歳・K美)」

  • 最初はメスを使わない施術を検討していたのですが、目の下のたるみがひどいので、「切開しなければ解消できない」と言われ、切開法にチャレンジしました。手術から半年経った今でも、目の下の傷が目立ちます。ミミズ腫れのようにぷっくりと浮いてしまっているので、コンシーラーなどで隠す事もできず、いかにも「整形しました」という感じ。私の場合は、もともと傷がケロイド状になりやすいのがよくなかったみたいです。やっぱりメスを使わない施術にすれば良かったと、鏡をみるたび後悔しています。

「脂肪吸引でひどい状態に(?)」

  • たるみはそんなにひどい状態ではなかったので、脂肪吸引だけやりました。ところが、施術後1ヵ月間は、顔が殴られたボクサー状態。一時期良い感じになったのですが、次第にへこみが見られるようになり、施術前にはなかったようなしわが見られるようになりました。さらに、頻繁ではないものの、器具を入れた部分がピクピクと痙攣するようになってしまいました。あれから10年経ちますが、やった事を後悔しています。たるんだ部分の脂肪だけを抜くのはダメなんだなと痛感しました。とはいえ、切開して筋肉ごと引き上げてしまうと、あっかんべーをしたような目になるとも聞きます。美容整形で手を加えるという事は、何らかのリスクをあるという事を踏まえ、医師まかせでなく、きちんと自分でも調べないといけないんだと思いました。

「クリニックの雰囲気からしてやばかった(40代・女性)」

  • クリニックの院長はメディア各種で顔を出しているので、安心できるかなと思って来院しました。ですが、実際にクリニックに行ったら…雰囲気からして良くなかったです。薄暗い院内で、あれよというまに施術ベットに。死ぬかと思うほどの痛みに、血まみれの針を何度も刺されました。その結果、逆にしわが増えてしまい、目の下には不自然なふくらみが…。肝心の悩みてあるほうれい線には、なにも変化はなし。残念ですし、治せるものならすぐにでも治したい。あんなに辛い思いをしたのに数十万と払ったのが悔しいです。

「美容整形メニューの選択を間違えた結果…(40代・女性)

  • AGNES(アグネス)という施術を受けたのですが、結論からいうと最悪でした。施術から1か月経っても、片側の目の下の腫れがひかず、施術前よりもたるみやふくらみが悪化しました。さわると痛む事も…。涙が出やすく疲れやすく、コンタクトレンズもいれられないほどでした。また、両目ともにひきつったような感覚がする事があり、夜にメイクを落とすと目の下が赤くむくんだようになっている事もあります。腫れを隠すためにメガネが、目の下の赤みを隠すためにコンシーラーが手放せない状態です。こんななら脱脂の手術の方がよかったと後悔しています。

失敗を避けるために注意したい事

メスを入れる美容整形は、その効果や持続期間も長いですが、リスクも大きなものとなります。また、人によってたるみの状態や程度の大小が異なるため、様々なケースにも対応可能か、実績や経験値がないクリニックでは対応に差が出てきます。

そのため、経験も実績部分で信頼できるクリニック・医師が施術する事で、一回の施術で目の下のたるみを効果的に改善でき、その状態を半永久的にキープできるようになるのです。これが逆に経験や実績に乏しい医師がおこなうと、改善されるどころか逆効果となり、たるみだけでなくしわが増えたりしてしまうのですから最悪です。

これは、メスを使わない美容整形でも同じ事がいえます。メスを使わないからと言って100%安全な保障はどこにもありません。同じように、上手な医師がやればきれいな仕上がりになるものが、下手な医師ではみるも無残な状態になってしまう可能性があるのです。

こうした失敗を避けるためにも、医師やクリニック選びは慎重に。リスクを減らすためにも、実績のある専門的な名医がいるところを選びましょう。失敗しないだけでなく、仕上がりの細かいところまで差がつくものとなります。

切らない目の下のたるみ治療の名医がいるクリニックPIKCUP5はこちら